50代主婦の脱!エイジングブログ

大豆と野菜のイタリア風スープ煮

大豆と野菜のスープ

はじめに

更年期の女性には必須の栄養が「イソフラボン」です。
女性ホルモンを補う働きがある重要な成分ですね。

1日に2回イソフラボンを含む食品をとると
一日中イソフラボン効果の恩恵が受けれるようです。

そこでこれから5回にわたって、
大豆製品と他の食品を組合わせることでイソフラボン効果アップ!
女性ホルモン力を高めるメニューレシピをご紹介します^^

初回は、野菜との組み合わせることで大豆に欠けている、
ビタミンAやCも一緒に効率よく摂れるメニューです。

スポンサーリンク







スポンサーリンク





大豆と野菜のイタリア風スープ煮

・材料(2~3人分)

大豆と野菜スープ煮材料

ベーコン 2枚
たまねぎ 1/4個
なす 1個
ズッキーニ 1/2本
トマト 中1個
にんにく 1/2片
オリーブオイル 大さじ1
塩 小さじ1/2
こしょう 少々
ゆで大豆(缶入りなどでも可) 140g(1缶)
ローリエ 1枚
水 200ml

・作り方

①ベーコンは細切り、たまねぎは1cm角、なすは縦4等分して2cm長さに、
 ズッキーニは5mm厚さのイチョウ切り、トマトはざく切り、
 にんにくはつぶして粗みじん切りにする。

大豆と野菜スープ煮カット

②鍋ににんにくとオリーブオイルを入れて弱火で炒め、
 香りが立ってきたらベーコンとたまねぎを加えて
 中火でしんなりするまで炒める。
③②になすとズッキーニを加えて塩こしょうで味付けし、
 中火でしんなりするまで炒める。

大豆と野菜スープ煮途中1

④③に大豆とローリエ、水を加えてときどき混ぜながら
 中火で5~6分煮たら、トマトを加えて強火にして
 トマトが崩れてきたら火を止める。

大豆と野菜スープ煮完成

夏野菜たっぷりの洋風煮豆です。

(参考:日経ヘルスプルミエ)

おわりに

このスープ煮は、シンプルな味付けですが、
ほのかな酸味が食欲をさそっておいしくいただけました。

野菜がたっぷり入っているので、
食物繊維もしっかり摂れるのもいいと思います。

夏バテなどで食欲がないときにも、よさそうなメニューですね。

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

スポンサーリンク

健康志向チョコレート特集

アーカイブ