50代主婦の脱!エイジングブログ

くすみ3種類しわ2種類の原因別見分け方とケアのポイント

肌トラブル

50代にもなると、肌のくすみやしわってとても気になりませんか。

肌の色がくすんだり、しわが増えると

・疲れて見える
・老けて見える
・不機嫌そうに見える

いいことはひとつもありませんね^^;

でもひとくちにくすみやしわといってもいくつか種類があるのを知っていますか?
くすみは3種類、しわも2種類あります。

原因によってお手入れの仕方も変わってきますよ。

スポンサーリンク







スポンサーリンク





くすみのケア

くすみ
角質肥厚ぐすみ
見分け方:一番多い原因で、老化による角質肥厚。
     肌のターンオーバーの周期が遅くなってしまい古い角質がたまって厚くなっている状態。
     肌が硬く、ごわごわした感じ。洗顔後に一時的に明るくみえる。

ケアの方法:ピーリングや酵素洗顔で古い角質を取る。
 

乾燥ぐすみ
見分け方:乾燥のため角質が細かく毛羽立つため、その影がくすみに見える。
     朝スキンケア後は、肌は明るいが、午後になると乾燥でくすみが悪化。

ケアの方法:保湿美容液をたっぷりつけるなど、保湿ケアをしっかりする。
 

血行不良ぐすみ
見分け方:睡眠不足やストレスによる血行不良でくすんで見える。
     青黒く不健康な顔色。血行不良でクマもできている場合も多い。

ケアの方法:カラダを温める食事やストレッチなどの適度な運動で体質改善をする。
      メイク前に保湿美容液をつけながら、軽くマッサージをするのも効果的。
 

しわのケア

しわ
乾燥小じわ
見分け方:お風呂上がりにシワが消えていれば、乾燥小じわ。

原因:ごく浅いちりめんじわは、紫外線の刺激や空気の乾燥などのため、角質層の水分不足になる。

ケアの方法:毎日の保湿をしっかりすることで解消できる。
 

真皮じわ
見分け方:笑ったときにできるのは、表情じわ。

原因:肌の真皮のなかで、コラーゲンはベッドのマットレスのスプリングのように
   肌の弾力を支えている。
   それが真皮のコラーゲンの減少によって、スプリングが壊れたマットレスが
   凹んでしまうようになり、深いシワになってしまう。

ケアの方法:肌の代謝を上げて、コラーゲンに働きかけるケアをする。

50代のシワはどちらかというと、真皮じわ対策がメインになるのではないでしょうか^^;
 

真皮じわに良い化粧品の成分
・ビタミンC誘導体
コラーゲンをつくるために必要な成分

・ナイアシン
肌代謝を活性化して肌にハリをあたえる

・レチノール
ターンオーバーを促してコラーゲンを増やす作用がある

肌のコラーゲンを増やす効果が高いと科学的に言われている成分の代表が上記の3つとなります。

特にビタミンC誘導体とナイアシンは、化粧水など水溶性タイプのものに含まれていることが多く、
レチノールは、美容液やクリーム類に含まれていることが多いようです。

スキンケア製品を購入するときの一つの目安にするといいかもしれませんね^^
 

おわりに

私はくすみに関しては、乾燥ぐすみと血行不良ぐすみの2つがあてはまっているようです^^;

きちんとした洗顔、保湿、そしてメイク前のマッサージ。
シミ取りを意識ながら、やってみたいと思います^^;

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

スポンサーリンク

健康志向チョコレート特集

アーカイブ