50代主婦の脱!エイジングブログ

温タオルパックは骨盤温めリラックス!子宮の血流UPも

エステ

40代後半から50代はだんだんと女性ホルモンのバランスも
崩れてきがちで月経不順になることも多いですね。

更年期にはなっていなくても、月経痛がひどかったり、
月経のリズムが崩れている女性もいらっしゃると思います。

そんな方におすすめなのが、「骨盤を温めてゆるめるケア」です。
日経ヘルスプルミエに載っていたのでご紹介します。

スポンサーリンク







スポンサーリンク





骨盤を温めるケアがいい理由

温泉

骨盤内部へと走る副交感神経を温めるので
骨盤のこわばりがほぐれてリラックスできて
血流も改善する
んです。

その結果、骨盤の開閉がスムーズになって
月経痛などがマシになったり、
緊張が取れてカラダがリラックスできるそうです。

「温タオルパック」のやり方

タオル

①濡らしたタオル2枚用意する。

②①をそれぞれ食品保存用の密閉パックに入れる。

③電子レンジで30秒~1分加熱する。

④1枚のタオル(パックに入れたまま)を
背中側の仙骨に乗せるようにして寝ころぶ。

⑤お腹側の恥骨の上に残りの1枚のタオルを載せる。

⑥冷めたらはずす。

骨盤のゆがみをとる方法

リラックス

①温タオルパックしながら、右腕と左腕のどちらか一方、
楽に伸ばしやすい方の腕を息を吐きながら、
3回伸ばしたあとに反対側の腕も3回伸ばす。

②片方の脚をかかとを押し出すような形で伸ばして
すとんと力を抜く。反対側の脚も同じようにする。

③伸ばしやすいほうの脚を息を吐きながら伸ばすのを
3回繰り返す。そのあと反対側の脚も同じようにする。

おわりに

手浴、足浴、カイロでの温めなど体を温める方法はありますが、
温タオルパックはじんわりと熱を伝えるので、
その過程で体をゆるめる効果がある
そうです。

またほどよく湿気があるのも、体をゆるめるのにいいそうです。

私の場合、子宮筋腫があって冷えると痛むことがあるので、
温タオルパックで、背中側とお腹側の両面から温めると
お腹にだけ乗せるよりも、なんだか体全体が、
「ほっ」とするような感覚になってとても癒されますね^^

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

スポンサーリンク

健康志向チョコレート特集

アーカイブ