50代主婦の脱!エイジングブログ

余ったペットボトルの炭酸水も役に立つ!3つの美肌活用法

ペットボトル

50代ともなると肌はくすみがちになり、
「朝はいい感じの肌が、夜になるとどんよりと疲れた肌色になってしまった。」
そんな経験ありませんか?

昨日は、炭酸水全般の効果効能について書きましたが、
(飲んでも皮膚からもアンチエイジング驚きの炭酸水効果の記事>>)
今日はその中でも、特に美肌に効果的な炭酸水の使い方を3つご紹介します。

スポンサーリンク







スポンサーリンク





炭酸水の美肌活用法

泡

■炭酸水洗顔
・炭酸水洗顔のやり方

①洗面器に炭酸水を入れて軽く顔をすすいでおく。
②手のひらに洗顔フォームを出して少しずつ炭酸水を加えながら、
指の腹で泡立てる。
③たっぷりの泡で肌を包み込みながら転がすように顔を洗う。
④ぬるま湯でしっかりと洗い流す。
⑤最後に洗面器に溜めた炭酸水で下から上へパッティングするように
すすぐと毛穴が引き締まってリフトアップ効果も!

普段使っている洗顔フォームを炭酸水で泡立てると、とてもクリーミーで弾力のある泡になります。

しかも炭酸水で泡立てた泡は、こすらなくても肌の上にのせておくだけで
余分な皮脂や汚れを吸着するので、時間があるときは泡をのせておいておくと、
肌をこすって傷める心配もありませんね^^

■炭酸水パック
・炭酸水パックのやり方

①洗面器に人肌に温めたペットボトルの炭酸水を注ぐ。
②炭酸の泡が消えるくらいまで約5分炭酸水に顔を浸ける。
息苦しくなったら、途中で息継ぎをお忘れなく^^
③水でさっとすすいでタオルでやさしく肌を抑えて水分を取る。

※炭酸は振動に弱いので、静かに顔を浸けるようにするのがポイントです。

顔がむくみ気味のときにおすすめのパックです。

■炭酸シートパック
・炭酸水シートパックのやり方

①市販のコットンマスクを炭酸水でひたひたにする。
②シートを顔の上に広げて5~10分置く。
※シートパックが乾かないように、時々炭酸水を足してひたひたの状態を保つことと、
手のひらで軽く押さえて肌に密着させるのがポイントです。

使った後のシートパックに炭酸水をたっぷりと足してパッティングすると、
あとの化粧水などの浸透力がとてもよくなります。
血行が良くなり、炭酸が老廃物を吸着して取ってくれるので美容成分が浸透しやすくなります。

また血液の循環が良くなり栄養や酸素がすみずみまで運ばれるので、くすみにも効果的です。

お風呂上がりの火照った肌に少しだけ冷やした炭酸水でシートパックをすると気持ちいいですよ^^

おわりに

炭酸水は、水と二酸化炭素だけでできているため添加物のようなものも入っていないので
誰でも安心して試せるのがいいところですね^^

ただ、炭酸水自体には保湿効果はないので、炭酸水を使ったケアをしたあとの保湿ケアは
しっかりすることが大切ですね。

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

スポンサーリンク

健康志向チョコレート特集

アーカイブ