50代主婦の脱!エイジングブログ

閉経前後の女性はどんな気持ちになる?リアルな声を紹介

女性シルエット

女性の多くは、50代前後で閉経しますね。
医学的には、閉経前後は女性ホルモンの分泌が激減する時期。
では、実際には女性はどのように感じているんでしょうか。

私は47歳で閉経しました。
ちょっと早い方だと思います。

そのときは、
「もう赤ちゃんを授かることはないんだ…」
「女性として終わりってこと?」
という淋しさを感じたというのは、実際にありました。

でもそれと同時に、それ以上かもしれませんが、
「毎月のわずらわしさから解放された!」
という解放感を感じたのを思い出します。

スポンサーリンク







スポンサーリンク





閉経で感じたこと

アンケート
気にはなるけど、なかなかまわりの人に聞けないのが閉経のこと。

日経ヘルスプレミアに、300人の閉経後の女性にアンケートを
とったものが掲載されていましたのでご紹介します。

閉経後に感じたこと (複数回答)
1位:月経から解放された・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・64.4%
2位:これからの人生に向けて前向きになった・・・・・・・・・34.0%
3位:妊娠する心配がなくて安心・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16.5%
4位:特に何も感じない・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・13.9%
5位:女としての役割が終わってしまったようで悲しい・・・11.2%
6位:これからの人生が不安・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8.3%

女性ホルモン力の変化
大幅に減ったと感じる・・・22.1%
やや減ったと感じる・・・・25.7%
あまり変わらない・・・・・52.2%
増えたと感じる・・・・・・0%

このアンケートの中で、女性ホルモン力が減ったと感じる人と
変わらないと感じる人は、半々くらいの割合。

そして女性ホルモン力が減ったと感じる人と
変わらないと感じる人との大きな違い
は、「精神的な充実度」でした。

女性ホルモン力が減ったと感じる人に多かった意見は、
健康診断の結果がおもわしくなかったり、
更年期の症状に振り回されていたり、
顔の肌質などが変わってしまったことのショックだったり。

確かに更年期障害の症状はつらいので、
仕方ない部分は当然ありますが、
比較的目の前の現象に、一喜一憂している感じを受けました。

女性ホルモン力が変わらないと答えた人に多かった意見は、
夢中になるものができて却って若返った感じがしていたり、
食生活に気を配ることで体質の改善ができたり、
趣味を楽しんでいたり。

身体の変調に目を向けすぎるよりも、楽しみを見つけることで
以前よりも若返って生き生きしている
ように見受けられました。

おわりに

閉経の年代の50代前後の多くは、子供さんも自立し始め、
今までの役割がいったん終わってしまう時期と重なります。

そのときに、次の新たな目標や楽しみを見つけることができた人ほど
早く元気になっているように見受けられますね。

もう一度10代に戻った気分でアイドルに夢中になるのもよし、
ガーデニングや家庭菜園で土に触れるのもよし、
ヨガやフラダンスなどで汗をかくのもよし、
旅行などで外の世界に触れてみるのもよし。

閉経は、閉じるのではなく、次の人生の扉を開くタイミング。
何か夢中になれるものや、やりがいのある仕事を持って
充実している人は、更年期の症状も軽く済む可能性が高い
ようですよ^^

次回は、閉経の頃の方に多い症状と対策についてご紹介します。
閉経前後の不調な症状とその時みんながする対策とは!?の記事>>

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

スポンサーリンク

健康志向チョコレート特集

アーカイブ