50代主婦の脱!エイジングブログ

体調が不調でも家事はやらねば!だったら計画的にサボろ

不調

更年期の症状が出て体調がすぐれなかったり、
気持ちが滅入っていたりしても食事の用意はしないといけないし、
家の片付けや掃除もしないといけないし、
子供さんがいれば学校の用事があることも…

体をゆっくり休めたいと思ってもやらなくてはいけないことだらけで
「こんなんじゃあ、体を休めるなんてムリ!」
そんな声が聞こえてきそうです。

そんなときは、優先順位を紙に書いてみませんか^^

スポンサーリンク







スポンサーリンク





しなければいけないことの見つけ方

順番

①やることを紙に書く
まず、今日しないといけないことを
思いつくまま紙に書き出してみましょう。

掃除、洗濯、昼食の支度、夕食の支度、買物、
親御さんのところへの顔出し・・・

紙に書き出してみると、なんとなく、
「あれもしなくちゃ、これもしなくちゃ。」と
気ぜわしく思っていたことでも、
「思っていたほどでもないな。」と思うこともあるはずです。

②優先順位を決めてしまう
次は、書き出したものの中で優先順位を決めまてしまいましょう。

書き出した中で、

いちばん大事なことは?
いちばんやりたくないことは?
明日に延ばしてもいけそうなことは?

いちばん大切なことは、
「すべてをやりこなすことではなく、自分の体と心が元気でいること」です。

だから、今日しなくても問題にならないものは、
思い切って明日にしてしまいましょう!

「いやいや、ちょっと体調が良くないくらいでサボるなんて。」
「家のことは自分がきちんとやりきらないと。」

そう思う方も多いとは思いますが、ちょっと考えてみてください。

『もしも倒れてしまったら、何にもできなくなってしまいませんか?』

書き出した中のものを見直して、簡単に終わらせてみたり、
出来そうもないことは少しずつ省いてみたり、
自分の中で優先順位をつけてみると案外気持ちも楽になります。

それにダラダラやって、できなかったことでまた後悔して
ウツウツするよりも、『計画的にサボる!』
このほうが、スッキリすると思いませんか^^

③家族に協力を求める
自分の中で優先順位を決めたら、

「今日は、これとこれしかできません!」

って宣言してしまいましょう^^

そうすることでまわりから、
「だらだらしている。」とか
「手抜きしている。」なんて
勝手に思われずにも済みますし、自分自身の気が楽になって一日を過ごせますね^^

宣言にはとても勇気がいりますが、まわりの家族も体の調子が良くなさそうなことや
精神的に不安定になっていることはわかっているので案外納得してくれるようですよ。

そんなときの食事の献立も、一つの鍋でできてしまうカレーやシチュー、ポトフなどを
日中ちょっと体調や気分が良いときに作ってしまったらそのあとは寝てしまってもいいと思います。

おわりに

身体がつらくても気持がついてこなくても家のことはしなくちゃいけないのが、
多くの女性の立場ですね。

毎日続くことだからこそ

・やらなければいけないこと
・やった方がいいこと
・今やらなくても問題ないこと

をはっきりさせて、優先順位を決めて、
「やらなきゃいけないストレス」から自分を開放してみませんか^^

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

スポンサーリンク

健康志向チョコレート特集

アーカイブ