50代主婦の脱!エイジングブログ

女性ホルモン分泌補助効果もアロマ入浴おすすめ精油6種

アロマバス

前回、更年期の症状をやわらげる方法として
消灯アロマ入浴」のことを書きました。

今回は、アロマ入浴におすすめの精油をご紹介します^^

スポンサーリンク







スポンサーリンク





おすすめエッセンシャルオイル6種

ハーブ
・セラニウム
ほのかに甘いバラに似た香り。
イライラしたとき、落ち込んだ気分などをやわらげる効果がある。
ホルモンや皮脂の分泌を調整する働きもあり、
更年期の女性に特に好まれるオイル。

・クラリセージ
ほんのり甘いマスカットのような香り。
気持をしずめながら明るい気持にする効果がある。
エストロゲンに似た働きがあるので、更年期障害のほてりにも有効。

・マジョラム
スパイシーさの中にほのかな甘み含まれたような香り
高ぶった神経を抑えて、緊張や不安定な気持をほぐす効果がある。
心地よい眠りにつきたいときによく使われるオイル。

・スイートオレンジ
柑橘系の代表的なオイルで、フレッシュで甘いオレンジの香り。
気持が落ち込んでいるときに心に元気と安らぎを与えてくれて、リラックス効果も高い。
頑固な冷えやこりの改善効果もある。

・イランイラン
濃厚で甘いエキゾチックな香り。
緊張や不安、イライラ、落ち込んだ気分など更年期特有の精神的症状をしずめて
リラックスさせてくれる。
セクシーな気分を高めるときにもいい。

・ラベンダー
とてもポピュラーな、さわやかなフローラルの香り。
緊張や不安な気持ちをしずめて気分をゆったり落ち着かせる。
気持よく眠りにつきたいときにもいい。

エッセンシャルオイルを使うときのポイント

泡
・柑橘系のオイルは、肌に残った状態で日光に当たるとシミやしっしんの原因になるかもしれないので注意が必要。

・肌の弱い人は、使用前にパッチテストをおすすめ。

・リラックスさせるには、ほのかに香りがするくらいがちょうどよく、感受性が高まるので使い過ぎに気をつけて。

おわりに

ここに書いたエッセンシャルオイルが、女性ホルモンに働きかけてくれる代表的なものになります。

でも一番いいのは自分の好きな香りに包まれて、ゆっくりとバスタイムを過ごすことですよね^^
自分の不調に合った効能の、好きな香りを見つけて体と心をほぐして、
気持のいい眠りにつきたいですね^^

「消灯アロマ入浴」の方法の記事>>

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

スポンサーリンク

健康志向チョコレート特集

アーカイブ