50代主婦の脱!エイジングブログ

老け顔から若々しい自然な笑顔になる口元エクササイズ2つ

頬笑み

笑顔が素敵な女性は、若々しくはつらつとして見えますね^^
本で見たのですが、若い顔と老けた顔を比較する実験で、

・老けた顔 → 筋肉が下がって口もとは「へ」の字
           不機嫌な顔の状態に似ている

・若い顔  → 肌が張って光のあたる面積が大きく
           笑顔になった時と非常に近い

そんな結果が出たそうです。

ということは、なるべく笑顔でいたほうが
他の人からは若く見られる
ということですよね。

ということで、自然な笑顔の表情になるためのプチエクササイズをご紹介します^^

スポンサーリンク







スポンサーリンク





笑って20秒口の両端を押さえる

唇

・やり方
①唇をなるべく開けないように、「ニッ」と口を横に広げて笑う
②口の両端を両手で20秒押さえる
③20秒たったら手をはなす

手を離したあとしばらくは笑顔のままキープできます。

毎日続けていると、次第にいつもにこやかな表情で
いられるようになりますよ^^

ペンを口にくわえて文字を書く

口すぼめ

・やり方
①太めのボールペンを唇でしっかりくわえる
②加えたボールペンで手に持った紙に円を描いてみる

ペンをくわえるときは、唇の上下ではさむのではなく、
唇の左右の口角のチカラで寄せるようにキューっと
強くはさみ込むように、くわえるのがポイント!

1週間ほどで、口角が引き締まってくるそうです。

おわりに

口角を20秒押さえるだけで、
本当にニコッとほほ笑むような表情を
キープすることができますね。

写真を撮る直前にすると自然な笑顔で
写ることができるのでおススメです^^

ボールペンで円を描くのは、かなりキツイです。

でも、それだけに続ければ、頬の筋肉も鍛えられて
持続力のあるきれいな口もとになれるように思いました。

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

スポンサーリンク

健康志向チョコレート特集

アーカイブ