50代主婦の脱!エイジングブログ

便秘の腸

以前「たけしの健康エンターテイメント!みんなの家庭の医学」で、
「便秘は腸の老化が原因」という内容の放送をしていました。

その中で腸を若返らせ、便秘を改善する方法をやっていたのでご紹介します。

スポンサーリンク







スポンサーリンク





便通がよくなる方法

便秘の女性
■便秘改善の方法①
・食事と食事の間を1日に1回8時間以上空ける。

食べものが体に入ってくると自動的にタイマーが働き、
8時間後になると小腸が活発に動きだすんだそうです。

8時間経たないうちに新しい食べものが入ってくると、
タイマーはいったんリセットされ、またそこから8時間カウントを始めてしまうので、
小腸が活発に動くことができずに食べものがずっと小腸にとどまることになるそうなんです。

8時間の空腹時間は、夜から朝にかけてでも昼から夜でも構わないそうですが、
寝ている間に腸が活発に動きやすいので、できれば夜から朝にかけてがいいそうです。

■便秘改善の方法②
・うつ伏せで寝ころぶのを、1日10分する。

できれば、数回ゴロゴロところがると尚効果があらわれやすいそうです。

普段、自分で腸をしっかりマッサージするのはなかなかむつかしいですよね。
だからうつ伏せ状態になることで、体の重みで腸に刺激を与えることになるそうです。

番組内でモニターの女性は、このうつ伏せ寝ころびを試したその日から
お通じが来ていました。
その後1週間うつ伏せを続けて、毎日お通じが出ていてその即効性にはびっくり!(^^)!

モニターの方も本当にうれしそうでした^^

おわりに

テレビのモニターの方は、食生活で野菜をしっかりと摂ることも
普段から心掛けていらっしゃいました。

でもそれだけでは、改善できていなかったのに、
「空腹時間8時間とうつ伏せ寝ころびを10分」
することを追加しただけ。

たったこれだけのことで、腸が若返って便秘も治るのなら、
試さない手はないですよね^^

私は便秘症ではないんですが、主人は子供の頃から筋金入りの便秘症なので
主人の便秘解消と、腸の老化を防ぐためにも
さっそく、夫婦で今晩から始めてみたいと思います^^

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

スポンサーリンク

健康志向チョコレート特集

アーカイブ