50代主婦の脱!エイジングブログ

サバ寿司

はじめに

サバなどの青魚や植物のアマニ油に多く含まれるn-3系の油は、
中性脂肪や悪玉コレステロールを減らして、
認知症や血栓を予防する働きがあります。
また、大豆とのコンビで脂質代謝が改善されます。

さらに大豆イソフラボンの進化系の強力成分
エクオール」を腸内細菌にによって作ることができる人は、
日本人の中高年の女性の5~6割と言われていますが、
魚をよく食べる人やこの油を摂っている人に多いそうです。

スポンサーリンク







スポンサーリンク





サバのおから手まり寿司

・材料(8~10個分)

サバ寿司材料

サバ 半身(180g)
塩 小さじ1強
酢 約200ml
(または市販のしめサバ半身)
生おから 150g
白ゴマ 大さじ1
A(酢50ml、砂糖大さじ1、塩小さじ1/3)

・作り方

①サバの表裏全体に塩を振り、30分置いて身を締める。
②①を水でさっと洗い、全体を巣に30分ひたす。
③②の皮をはぎ、中骨を抜いて、8~10切れのそぎ切りにする。
④おからを耐熱容器に入れ、電子レンジで約2分加熱して水分を飛ばす。

サバ寿司材料2

⑤ボウルの中で、④のおから、しょうが、白ゴマ、A調味料を
混ぜ合わせて、8~10等分する。
⑥⑤を手まり状ににぎり、③のサバ1切れをのせてラップで包み、
端をひねって形を整える。

サバ寿司途中

※サバに振る塩の量は、サバの重さの4%が目安。
 酢の量は、サバの全体が浸るくらいに加減する。

完成!

サバ寿司材料

おからでつくった酢飯でさっぱりとした味わい、しかもヘルシー。

(参考:日経ヘルスプルミエ)

ひとこと

おからでつくる酢飯はボソボソするかと思いましたが、
結構しっとりとしていましたし、しょうがのアクセントで
口の中はさっぱりとして、意外においしかったです。

それに、お腹もしっかり膨らみますし本当の手まり寿司よりも
食物繊維も豊富だしヘルシーですよね。
この手まり寿司なら、ダイエットにもよさそうですね。

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

スポンサーリンク

健康志向チョコレート特集

アーカイブ