50代主婦の脱!エイジングブログ

納豆ピーマン

はじめに

大豆製品の中でも、アンチエイジングの完全食ともいえるのが納豆。
更年期に重要な栄養分である「イソフラボン」はもとより、
大豆が発酵することでナットウキナーゼがつくられるほか、
ビタミンKの量もアップします。

納豆といえば、朝ごはんのお伴というイメージが強いですが、
今回は、ちょっとひと手間加えた納豆料理をご紹介します。

スポンサーリンク







スポンサーリンク





納豆と焼き野菜の辛子じょうゆ

・材料(2人分)

納豆ピーマン材料

ピーマン(赤・緑) 各1個
長ネギ 1/2本
A:溶き辛子 小さじ1/2、しょうゆ 小さじ2
納豆 1パック(50g)

・作り方

①ピーマンは縦半分に切ってヘタと種を除き、
長ネギとともに中火で熱した焼き網(もしくは魚焼きグリル)
で少ししんなりするまで焼く。

納豆ピーマン焼き

②①が冷めたら、ピーマンは細切りに、長ネギは5mm幅に切る。

納豆ピーマンカット

③器に②の野菜と混ぜた納豆を盛り合わせ、Aのたれをかける。
(食べるときによく混ぜる)

納豆ピーマン

焼き野菜の甘みと香ばしさで納豆の風味が増します。

(参考:日経ヘルスプルミエ)

おわりに

野菜は油を使わずに焼いているのでより一層ヘルシーですし、
辛子の風味がよく効いていてとてもおいしかったです。

納豆は大豆を丸ごと食べることができますし、
食物繊維も豊富ですね。

それに納豆には食後の血糖値の上昇を抑える働きもあって、
大豆の状態で食べるよりも効果が強いそうですよ。

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

スポンサーリンク

健康志向チョコレート特集

アーカイブ