50代主婦の脱!エイジングブログ

ほうれい線が薄く顎関節症も楽になる舌回し体操の効果

ベロ回し

顎関節症は虫歯、歯周病と並んで多い口腔疾患ですね。
年代別では10代後半から20代と50代前後、女性が多いそうです。

実は私も3年前くらいから、あくびをするときに
「なんか、思いっきり口を開けにくいなあ。」
と思っていました。

歯医者に行っても、歯の治療を受けるのに大きく口を開けづらいし、
カクッカクッと音も鳴る。

それが去年、だんだんとひどくなってきて
ついに、おちょぼ口でしかあくびができなくなってしまいました。

食事のときも、小さくしか口が開かないので、
ほんの少しの隙間から食べ物を押し込まないといけないほどに(泣)

「これって、顎関節症なんじゃないのかな?!」
「このままいったら、まともに会話もできなくなるんじゃない?」
「食事は流動食みたいなものしか食べれなくなるかも???」

などなど不安な毎日を送っていました。

ある日友人から
「舌回し(ベロ回し)体操で顎関節症が治る。」
という話を聞いて実際に試してみたところ、はっきりと効果がでたんです!

まずは舌回しのやり方からご紹介します。

スポンサーリンク







スポンサーリンク





舌回しのやり方

①口を閉じた状態で、歯のまわりをくちびる側の歯茎に沿って
舌でぐるぐると回す。

②それを時計回り、反時計まわりの両方をバランスよくする。

たったそれだけです^^

日本テレビの世界一受けたい授業のサイトに画像がありましたので
そちらを見たほうがイメージしやすいかもしれないですね。

ベロ回しやり方
日本テレビ「世界一受けたい授業」サイトより

こちらの番組では、かみ合わせを良くするための体操ということで
2秒で1周するくらいのスピードで1日朝昼晩3回、各50周することをすすめています。

私は、ぐるぐる回すのも10回ずつがやっとこさでした。
舌の付け根あたりがともかくだるいしアゴが痛くて痛くて、
それ以上は、とても無理でした^^;
 
そして、ほうれい線がうすくなるなどの美容的に効果的なやり方としては、
ほうれい線の根元というか、小鼻のつけ根あたりまで
グッ!と舌を入れて頬を押し出すような感じでまわすこと。

この小鼻のつけ根に舌をもっていくのは、最初のころは相当キツかったですね。
なっかなかできませんでした。

だけど、この舌回しは即効性があるというか、
やり始めて3日目にはもう、口の開き方が変わってきたのを実感!

たった3日で普通の人並にあくびができるくらい口が開いたんです^^

だけど3日では、痛みやカクカクという音はとれませんでした。

でも、ほんっとにうれしかったです^^
「あくびひとつでこんなに喜べるんだ!」
って、ある意味感動ものでした(笑)

そして、ほうれい線も本当に薄くなりますね^^
私の場合鏡を見て少し薄くなったように感じたのは、2週間くらいしてからでした。

ただ、ほうれい線が薄くなるには、歯のまわりを舌で回すだけでなく、
痛いけどがんばって舌を小鼻のつけ根まで持っていかないと
効果は出ないように思います。
 

舌回しの効果

・顎関節症の予防や症状の軽減
顎の下側にある、舌を動かす筋肉を鍛える。

・二重あご
・ほうれい線
・たるみ
・小顔
・顔のゆがみ
・噛み合わせ

舌の筋肉だけではなく、口の内側から顔の筋肉に働きかけ、
目や口、鼻等を動かす表情筋を鍛える。

・口臭予防
・歯周病予防

唾液分泌が増える。
これは、寝起きにすると効果がアップ。

・シミ、シワ改善
筋肉を刺激して血行を良くし、肌の代謝アップにつながる。
プロスキーヤーの三浦雄一郎さんのお父様が
舌回し体操を毎朝150~200回続けた結果、
1年後にはシミやシワがなくなったそうです。

スポンサーリンク




おわりに

この舌回しは本当に即効性がありました。
確かに舌を動かす筋肉が鍛えられている感じがします。

余談ですが、最近は麺類をすするチカラが弱ってきていたんですが、
舌回しをしてからは、ギャル曽根ちゃんくらいに
一度にたくさんの麺を一気にすすれるまでになりました^^
 
ただ、舌回しは3か月ほど続けましたが、完全に顎関節症が治ってはいないし、
舌回しをするときの痛みも多少マシにはなりましたがなくなりません>_<

でも、明らかにピークの時よりも口を開けることができています。

最近また舌回しを再開しました。
今度は完治を目指して、舌回し以外にもできることを探していこうと思います。

また良い実感のものがあったら、こちらで紹介していきたいと思っています^^

2016.7.23 舌回しが痛い!そんな人におすすめ顎関節症の痛み改善方法の記事を追加しました。

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

スポンサーリンク

健康志向チョコレート特集

アーカイブ