50代主婦の脱!エイジングブログ

ビタミンB群豊富なサラダレシピ

ささみときゅうり和え物

前回のブログで、腸内環境を整え、デトックス効果も高い
「食物繊維」豊富な切干大根を使ったレシピをご紹介しました。

今日は、疲労回復効果の高い『ビタミンB群』が摂れる
サラダレシピを2品ご紹介します。 (参考:Dr.クロワッサン)

スポンサーリンク







スポンサーリンク





アスパラのハム巻きサラダ

アスパラのハム巻き

・材料
アスパラガス 6本
ボンレスハム 6枚

作り方
①アスパラガスはほど良く茹でる
②①をハムで巻く

・効果
整腸作用
(便通をスムーズにするだけでなく、体にたまった老廃物の排出にも。
更年期を乗り切るために必要な要素。)
いらいら・ストレス
(女性ホルモンが低下することで生じる、精神的な不調の改善。
不眠や憂鬱、物忘れなどにも効果あり。)
頻尿
(委縮しがちな膀胱の筋肉や粘膜を強化し、頻尿や尿モレを改善。)
ほてり・発汗
(自律神経のバランスを調整、正常な体温調節機能の維持。)
冷え・むくみ
(低下した体温の改善に働き血流を促進。
 新陳代謝を高めて、体内に溜まった余分な水分の排出を助ける。)
動悸・息切れ
(動悸や息切れの原因となる自律神経の乱れを調整。)
頭痛・凝り
(加齢によって低下した新陳代謝を高めて血流を改善。
 血のめぐりを良くすることで頭痛や肩こり、腰痛にも効果的。)
ドライ
(皮膚や粘膜を強化して乾燥を予防。
肌あれやシミといった美容面からドライマウス、ドライアイにも有効。)
めまい・耳鳴り
(めまいや耳鳴りの原因となる血流を改善。
血液サラサラ効果も期待でき、新陳代謝アップにも効果あり。)
かゆみ・湿疹
(細胞の再生を助けて皮膚や粘膜を強化して乾燥を防ぐ。
肌のハリやツヤにも有効で、アンチエイジング効果も期待できる。)

ハムにも色々な種類がありますが、ビタミンB1が豊富なのは
ロースハムよりも断然ボンレスハムです。

手軽に食べれるし、イライラしがちな
更年期状態の緩和におすすめの一品です。
 

鶏ささみときゅうりのごまだれ

ささみときゅうりごまだれ

・材料
鶏ささみ肉 1枚
きゅうり 1/2本
しょうが汁・酒 少々
ごまだれ(市販品) 小さじ2
ごま 少々

・作り方
①鶏肉は筋を取り、耐熱皿に入れてしょうが汁・酒を振りかける
②①を電子レンジで2分程加熱して細かく割く
③きゅうりを千切りにする
④皿にきゅうりと鶏肉を盛りつけ、ごまだれをかけてごまを振る

・効果
整腸作用
(便通をスムーズにするだけでなく、体にたまった老廃物の排出にも。
更年期を乗り切るために必要な要素。)
いらいら・ストレス
(女性ホルモンが低下することで生じる、精神的な不調の改善。
不眠や憂鬱、物忘れなどにも効果あり。)
頻尿
(委縮しがちな膀胱の筋肉や粘膜を強化し、頻尿や尿モレを改善。)
ほてり・発汗
(自律神経のバランスを調整、正常な体温調節機能の維持。)
冷え・むくみ
(低下した体温の改善に働き血流を促進。
 新陳代謝を高めて、体内に溜まった余分な水分の排出を助ける。)
動悸・息切れ
(動悸や息切れの原因となる自律神経の乱れを調整。)
頭痛・凝り
(加齢によって低下した新陳代謝を高めて血流を改善。
 血のめぐりを良くすることで頭痛や肩こり、腰痛にも効果的。)
ドライ
(皮膚や粘膜を強化して乾燥を予防。
肌あれやシミといった美容面からドライマウス、ドライアイにも有効。)
めまい・耳鳴り
(めまいや耳鳴りの原因となる血流を改善。
血液サラサラ効果も期待でき、新陳代謝アップにも効果あり。)
かゆみ・湿疹
(細胞の再生を助けて皮膚や粘膜を強化して乾燥を防ぐ。
肌のハリやツヤにも有効で、アンチエイジング効果も期待できる。)

低カロリーの鶏ささみ肉には、ビタミンB6が豊富
だから、更年期症状を予防・緩和にぴったりです。
ダイエット中のたんぱく質補給としてもいいですね。

スポンサーリンク




ビタミンB群の更年期における効果

・ビタミンB1・・・動悸や精神過敏、冷えなどに有効
・ビタミンB2・・・皮膚や粘膜を正常に保つ
・ビタミンB6・・・不眠やめまいの改善に効果を発揮
・ビタミンB12・・・貧血予防に有効
・ナイアシン・・・中性脂肪やコレストロール値を低下
・パントテン酸・・・皮膚炎や脱毛を防ぐ、ストレスを和らげる
・ビオチン・・・白髪や脱毛、湿疹などの皮膚症状の改善に有効
・葉酸・・・ビタミンB12と連携して貧血予防に有効

さらに、糖質や脂質、たんぱく質を燃焼して
食べたものをエネルギーとして消費するためには
ビタミンB群の働きは不可欠です。
だから、肥満防止や痩せやすい体づくりにも有効です。

おわりに

疲労回復用のドリンク剤などにもビタミンBが
入っているものがたくさんあります。
それだけ体の状態をいいように保つためには
ビタミンB群が必要だということですよね^^

ただ、ビタミンB群は、体の中で摂り溜めができないので
毎日の食事で摂ることが大切。
その点は意識したほうがいいですね^^

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

スポンサーリンク

健康志向チョコレート特集

アーカイブ