50代主婦の脱!エイジングブログ

生協PBブランドにも糖類カットとカカオ多めのチョコあり

コープチョコレート

大手菓子メーカーの健康志向チョコレートを今までご紹介してきましたが、
日本生活協同組合連合会つまり生協のPBブランドのチョコレートにも糖類25%カットとカカオ分43%のものが発売されていました。

co-cpファミリーチョコレート糖類25%カットは、人工甘味料不使用で配合バランスを調整することで糖類25%カットを実現。

co-cpちょっぴり大人のファミリーチョコレートは、カカオ分が43%のビターテイストのチョコです。

コープのチョコレートは、箱入りのものはなくて袋入りのファミリータイプのもののみですね。

スポンサーリンク







スポンサーリンク





co-cpファミリーチョコレート 糖類25%カット

コープ糖類カットチョコ コープ糖類カットチョコアップ

栄養成分(栄養成分1個(平均重量5.2g)当たり)
エネルギー
32Kcal
たんぱく質
0.5g
脂質
2.3g
炭水化物
2.3g
 -糖類 1.9g
食塩相当量
0.008g

※糖類25%カットは、co-cpファミリーチョコレートと比べてのカット率です。

特徴
内容量
155g(30個入っていました。)
メーカー小売価格
不明(私の購入価格248円(税抜))
価格は2017年1月現在のものです。

感想
袋の封を切ったとたんに甘い香りがふわ―っとしてきます。香りだけで癒されそう^^

ハイカカオチョコではないので甘めではありますが、くどくなくってサラッとしているっていうのか、くどさが残らないです。

糖分カットだけれど、人工甘味料を使っていないのはうれしいですね。
 

co-cpちょっぴり大人のファミリーチョコレート

コープ糖類カットチョコ コープ糖類カットチョコアップ

栄養成分(栄養成分1個(平均重量5.2g)当たり)
エネルギー
30Kcal
たんぱく質
0.4g
脂質
2.0g
炭水化物
2.6g
ナトリウム
2.5mg

特徴
内容量
140g(27個入っていました。)
メーカー小売価格
不明(私の購入価格188円(税抜))
価格は2017年1月現在のものです。

感想

普段70%のものを食べているのでカカオ分が多めとはいっても、43%なのでそんなに苦みも感じず食べやすいです。

高級感を感じたりすっごく美味しい!というほどではないですが、カカオを意識してお手軽にたくさん食べるにはうってつけの気がします。

スポンサーリンク




おわりに

まさか生協ブランドでも健康を意識したチョコレートを発売しているとは思ってもいませんでした。
いろいろなPBブランドのチョコレートでも高カカオのチョコレートとか出ているのかもしれませんね。
また他のスーパーへ行った際にも探してみようと思います^^

PBブランド製品は、通常のものよりお得な価格のものが多いのでお家のストック用に便利そうですね。

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

スポンサーリンク

健康志向チョコレート特集

アーカイブ