50代主婦の脱!エイジングブログ

若さキープの為に心肺機能と基礎代謝力アップが重要な理由

若さ

若さをキープするうえで大切なことが心肺機能と基礎代謝力です。

今回はアンチエイジングにかかせない基礎代謝力と心肺機能について調べてみました。

基礎代謝力が高い体というのは、若さをキープできるんです。
言いかえると、基礎代謝力が低い体は、老化しやすい体ということになりますね。
この基礎代謝力を下げる一番の原因は、筋肉の量が落ちることです。

そして心肺機能の低下です。

スポンサーリンク







スポンサーリンク





心肺機能・基礎代謝力について

心臓

心肺機能について
・心肺機能とは
肺で空気を吸い込んで酸素をとりこみ、心臓から新鮮な血液を全身に送って、
酸素を体内にめぐらす働きのことです。

・心肺機能の低下
心肺機能が低下していると、

・駅の階段を駆け上がるだけで息が切れる
・少し走るだけで心臓がドキドキする

つまり、持久力がなくなっている状態なんですね。

そうなると、だんだんと体を動かすのがおっくうになってしまいその結果、
慢性的な運動不足になりがちで、筋肉がどんどん落ちてしまうということにつながります。

体には、いい意味でも悪い意味でも適応力があります。

だから、休日などだらだらと家で過ごす習慣がついてしまうと、
そのだらだら状態に合わせて、最低限必要な酸素量しかとりこまなくなるんです。

そうなると、ますます心肺機能が落ちていき、筋肉も衰えてしまって、
基礎代謝力も落ちるという老化のスパイラルにはまってしまいます。
 

基礎代謝について
・基礎代謝とは
運動をせずに安静にした状態で、活動のためのエネルギーをつくりだすことを基礎代謝といいます。
 

・基礎代謝力の低下
基礎代謝力が落ちるということは、エネルギーの消費をする能力が落ちること。

つまり少し食べただけで太って、さらに体重がなかなか元に戻らなくなってしまいます。
 

心肺機能・基礎代謝力を高めるには
心肺機能・基礎代謝力が落ちている「老化のスパイラル」から抜けだすためには、

・ウォーキングと筋トレ
・日常生活でも体をこまめに動かす

この積み重ねで基礎代謝力がアップします。

そして心肺機能が高まり、血液のめぐりや呼吸する力が強くなります。
全身の細胞や器官に、酸素や栄養素が行きわたって細胞や器官が若さを取り戻すんです。

そうなると、肌にハリが戻って髪にもツヤが出て、外見がきれいになってきます。

さらに内臓や器官の働きも良くなって体脂肪が減ったり便秘が解消されたりと
体の中から若返ってきます。
 

おわりに

ウォーキングや日常生活でこまめに体を動かすという毎日のチリ積も効果で
心肺機能や基礎代謝力がアップもしくはキープできるんですね。

メイクやファッションでカバーだけではなく、
本当の意味で体の内側も外側も若返るためには、体は動かさないとダメなんですね^^;

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

スポンサーリンク

健康志向チョコレート特集

アーカイブ