50代主婦の脱!エイジングブログ

ドライマウスと更年期の関係と口を潤すための方法

口の中

更年期世代、特に50歳以上のなると、ドライマウスの症状の人は急に増えるそうです。

私も50歳になったあたりから、
・口がねばつく。
・話を長い間していると声がかすれる感じがする。
・パサパサしたものを食べるときには水分を口に含んだりする。
ことが増えたように思います。

その他にも

・口臭がきつくなった。
・食べ物を飲み込みづらい。
・舌がひび割れて痛みを感じる。
・舌がもつれて話しづらい。
・夜中に起きて水などを飲む。
・食べ物の味がよくわからなくなった。
・急に虫歯が増えたり、歯周病がひどくなった。

などがドライマウスの症状としてあるようです。

「あなたは、思い当たることはありませんか?」

でもなぜ更年期とドライマウスが関係しているんでしょう?

スポンサーリンク







スポンサーリンク





ドライマウスと更年期の関係

舌が痛い
更年期になると女性ホルモンが急激に減ってしまいますね。
その影響を受けて唾液の分泌量も減ってしまいます。

だから、更年期年代のドライマウスが増えるんですね。

また、加齢とともにあご周辺の筋力が衰えることでも
唾液の分泌機能が落ちてしまいます。

それ以外にも精神的な緊張などによるストレスでもドライマウスの原因になります。

もちろん、薬の副作用や口呼吸、やわらかいものばかり食べたり生活習慣から来ることもありますし、
なかには糖尿病やシェーグレン症候群という病気が原因のこともあります。

だから、舌がひび割れたりするなど、つらいと感じるときは早めに医師の診察を受けたほうが
いいかもしれません。

ドライマウスのセルフケア

歯科医師
よく噛んで唾液を出すようにする
食べ物を噛むことで唾液線を刺激するため、唾液が出ます。食べるときはよく噛むことが大切です。
特にやわらかいものばかり食べていると唾液の分泌が少なくなります。
ある程度固さのあるものを食べるようにするといいですね。

ガムを噛むのもいいですよね。
キシリトール入りのガムなら虫歯の心配も少なくて安心です。

唾液腺を刺激する
あごの真下に唾液腺があるので、あごの真下部分を、
下から突き上げるようなイメージで左右の親指で強めに押す。

そうすることでじわーっと唾液が出てきます。

その他、たばこのニコチンは、口の中の粘膜を荒らしたり、
唾液の分泌が抑えられてりまう可能性もあるそうなので、
ドライマウスが気になる方は、禁煙したほうがいいかもしれません。

おわりに

私が口の渇きが気になったとき、一番よくやるのは舌回し体操です。
もともとは顎関節症のケアのために始めたものですが、すぐに唾液が出てきて口の中がうるおいます。

やり方などは、こちらの記事に詳しく書いていますので、よろしければご覧ください^^
ほうれい線が薄く顎関節症も楽になる舌回し体操の効果の記事>>

唾液が減ってしまうと、口臭がひどくなったり、食べ物をおいしいと感じられなくなったり
歯周病もひどくなるそうなので、他の症状を防ぐためにも
自分でできるセルフケアを意識してすることは、大切なことですね^^

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

スポンサーリンク

健康志向チョコレート特集

アーカイブ