50代主婦の脱!エイジングブログ

更年期に多いほてりのぼせホットフラッシュを和らげるケア

ホットフラッシュ

更年期症状でよく聞くもののひとつにホットフラッシュ、ほてり、のぼせ、汗かき
というのがありますね。

私もまわりの人は涼しい顔をしているのに自分一人だけ顔から汗が噴き出してきて、
化粧ははげるし、赤ら顔になるし、とても恥ずかしい思いをしていたのを思い出します。

スポンサーリンク







スポンサーリンク





ホットフラッシュ

のぼせ

ホットフラッシュとは
急に顔がカーッと熱くなってのぼせた状態になったり、大量の汗をかいてしまう症状です。

特に汗はまわりの気温に関係なく出るのが特徴。
暑いわけでもなく、運動したわけでもないのに突然汗がたくさん出てきます。

なかには、寝汗をたくさんかいて夜中にパジャマを着替えたり、
ほてりがおさまるまで寝れないという人もいて、ホットフラッシュから寝不足になる人もいます。

ホットフラッシュの原因
その原因は、自律神経失調が引き起こす血管系の症状です。
自律神経は血管を収縮させたり拡張させる働きをしていて、
その機能がうまく働かなくなると出てきます。

また、漢方的に言うと「熱の症状」といえます。
ストレスで気の巡りが悪くなったり、体に栄養やうるおいを補う血が不足しているために
余分な熱を冷ませず、熱が首から上に集まるという状態です。

ホットフラッシュのセルフケア・治療法

深呼吸
ストレスがたまったり、気持ちが興奮するほど
余計にホットフラッシュの症状はあらわれやすくなります。

そこで、ホットフラッシュの症状を和らげるためのおすすめのセルフケアは、

■日常生活
・一日のスケジュールを詰め込みすぎない。
・なるべく余裕をもってあわてない、イライラしない。
・症状があらわれてきたら、ゆっくりと深呼吸をして気持ちを落ち着ける。
・イソフラボン豊富な大豆食品を摂る。

■運動
・激しい運動は避ける。
・ヨガや太極拳などゆったりとした動きのものや散歩をする。
・疲れない程度に気持ちのいい汗をかくようにする。

■おすすめのツボ
・頭のてっぺんの「百会」
・首の付け根に左右対称にある「風池」
・足のすねの内側で内くるぶしから指3本分上の「三陰交」

■効果的な治療法
・HRTで女性ホルモン補充をするのがかなり効果的。
 速効性もあるので、早く楽になりたい人にはいいと思います。

おわりに

「ホットフラッシュ」は、更年期症状の1位2位をあらそうとてもポピュラーな症状ですね。
でも顔に出るので、人前ではつらいものです。

自分の症状の度合いに応じて、セルフケアで改善を待つか
治療を受けて早く改善するほうがいいのか選ぶといいですね^^

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

スポンサーリンク

健康志向チョコレート特集

アーカイブ