50代主婦の脱!エイジングブログ

更年期心身のバランスを生薬が整える漢方治療の利点と弱点

疲れ

前回、HRT(ホルモン補充療法)の治療について書きました。
更年期心身のバランスを生薬が整える漢方治療の利点と弱点の記事>>

HRTは、激減してしまった女性ホルモンを補う治療法
漢方は生薬によって、くずれてしまった心身のバランスを整える治療方法ですね。

今回は、更年期障害の2大治療のうち、漢方治療についてまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク







スポンサーリンク





更年期症状の漢方治療について

漢方

■漢方の利点・強み
漢方の治療の強みは、身体にあらわれる不調というよりも、
ストレスで心の不調が出て、更年期の症状が強くなってしまうそういうタイプの人に向いています。

いろいろな生薬を組み合わせるので、更年期症状自体に働きかける成分と、
心の中の苦痛を和らげ安定させる成分が入っているからです。

また、めまいや耳鳴りなど原因がはっきりしない、
器質的には問題がない、不定愁訴と呼ばれる症状にも効果的。
漢方治療は、全身の血液や水分、気のめぐりを良くすることで
バランスを整えて全体的に改善する働きによるためです。

そして、HRTを使えない乳がんや子宮がん経験者なども含め、
誰にでも使う
ことができますし、
ほとんどの婦人科で処方してもらえるので
比較的容易に受診しやすいのも利点ではないでしょうか。   

■HRTと比較した弱点
HRTと比べると、女性ホルモンが減ることでおきる症状である
皮膚や粘膜、膣などの乾燥、性交痛、骨粗鬆症などには効果を発揮しにくい。

ホットフラッシュ、ほてりなどの症状には短期間で効果を発揮するのに対し、
漢方の場合は、穏やかにゆっくりと効果があらわれる。

■病院の処方と漢方薬局の違い
漢方薬は、婦人科や漢方医などで受診しても処方してもらえますし、
漢方薬局へ行くと薬剤師さんが親身になって
カウンセリングや相談にのってくれる
ことが多いようです。

ただ、金額的には、診察を受けて処方してもらったほうが
保険適用で安く済むことが多いのに比べて、
漢方薬局では自費になるので自己負担が高くなる傾向があるようです。

また、漢方は体質や体力、抵抗力といった「証」によって、同じ症状でも
適した漢方薬が違ってくるので、ふつうの薬局で自分の判断で漢方薬を購入するよりも
きちんと診察を受けて処方してもらうことをおすすめします。

おわりに

更年期症状とひとくちに言っても、
人それぞれほんとうに症状のあらわれ方はバラバラです。

まず自分自身、どんな症状がつらいのか、
また、閉経前か閉経後か、病気の既往症はどうなのかを
はっきりさせることが、HRTと漢方の治療、
どちらが向いているのかの選択のキーポイントになりそうですね。

スポンサーリンク




  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

スポンサーリンク

健康志向チョコレート特集

アーカイブ